仕事がしたくない!

仕事がしたくない!

「仕事でもう限界!」体からのサインを実は見落としているかも?!

仕事をしていて次から次と仕事が発生し、「時間がない」状態で遅くまで残業する状況というのは働いていると突発的に短期間ではたまに発生することがあるかと思いますし許容できるかとおもいます。 しかし、常に時間が無くいつまでも延々と残業をして、それでも減らない状況となると話は別でなんとか改善したくなるものではないでしょうか。
仕事がしたくない!

「残業が当たり前」の環境でも残業なしで帰るためには?

仕事をしていて次から次と仕事が発生し、「時間がない」状態で遅くまで残業する状況というのは働いていると突発的に短期間ではたまに発生することがあるかと思いますし許容できるかとおもいます。 しかし、常に時間が無くいつまでも延々と残業をして、それでも減らない状況となると話は別でなんとか改善したくなるものではないでしょうか。
仕事がしたくない!

「残業が多い」って何で多いんだ?それ本当に残業じゃないとだめ?

いくら残業代がもらえるとして毎日となると辛いものです。仕事だけが生活ではありません。自分の時間や大切な人と過ごす時間も考えたいですね。ほかにも仕事の量が多すぎるための残業など色々な理由があるのではないかと思います。なぜこんなに残業が多いのでしょうか。
仕事がしたくない!

「仕事で達成感はいらない!お金の為だし…」それ本心ですか?

仕事をしていて次から次と仕事が発生し、「時間がない」状態で遅くまで残業する状況というのは働いていると突発的に短期間ではたまに発生することがあるかと思いますし許容できるかとおもいます。 しかし、常に時間が無くいつまでも延々と残業をして、それでも減らない状況となると話は別でなんとか改善したくなるものではないでしょうか。
仕事がしたくない!

仕事に潜む沢山の時間の無駄!こうやって解決しよう

ある業務のこれからのすすむ方向を決める時には色々な分野の意見を取り入れながらリスクの見積と成果を予想してます。そのためには一度に集まって議論する会議という場は有効ではないでしょうか。 しかしこの例のように目的がはっきりしない状態で、関係の薄い人も呼びさらにいつまでもダラダラとおこなう会議は時間の無駄の代表的ですね。ほかにも職場には色々は時間の無駄が潜んでいます。
仕事がしたくない!

仕事でその遅刻、本当に大丈夫?自分がされたら許せますか?

仕事をしていると遅刻に厳しく対処してくる上司いませんか?呼び出して別な所で話をするならいいのですが、みんなの前でさらし者にしたりして、反省を言わせたり。 時間を守ることは社会人の基本なんて言葉もあるくらい、大切なことなんだろうけど、なぜそこまで言われのでしょうか。
仕事がしたくない!

仕事が覚えらえない自分が辛い、精一杯の努力をしているのなぜ!?

仕事が覚えられないと色々な所にプレッシャーを感じてしまい、どんどん緊張して気持ちが落ち込んででも焦ってしまい、辛い気持ちになってしまったりしませんか。 この記事では 何故覚えられないくて辛いのか原因は何なのか? どうしたら辛い原因が無くなるのか? 具体的な方法を紹介します。
仕事がしたくない!

仕事を変えたいのに勇気が出ない?あと一歩踏み出せない不安は

心にはもう仕事を変えるぞ、ときめてもう辞表を準備したさあ出すぞというところであと一歩の勇気が出ない、この辞表を会社に出してしまうと今前にあるものすべてが崩れてしまいそうで。 不安の原因は何でしょうか、辛いものから離れられるのだから迷うことなく転職できるはずなのに。。。それは失うものばかりしっかりと見えてしまうのに仕事を変えた先の未来が不透明だからです。
仕事がしたくない!

「仕事で努力なんかしたくない…」意味なんかないじゃない。

仕事での努力って何のいみがあるの?真面目にがばって努力したって認められずにいつも成果しかみない。頑張って努力したってしてない人とそんなに変わらないし、才能がなくて中途半端な努力としてつかれても何も得られなくてしかも頑張ったのに会社は少し景気がわるくなると、努力に関係なく色々な理由をつけて退職に追い込んで。。。いったい仕事で努力する理由ってどこにあるのでしょうか。そもそもいままで最低限の努力でなんとか学校を出て仕事をすることができているのでなおさら努力する理由をみつけるのが難しいかもしれません。
仕事がしたくない!

「仕事なのに興味がない…」どうするべきか悩んでいるあなたへ。

仕事に興味がない時にはどうしたらいいんだろう。たぶん最初の頃はそのうち興味が出てくるだろうと前向きに考えていたのではないでしょうか。 実は仕事に興味のない人は働いている人の94%にもなります。その一つの原因は入社した後に色々な理由により徐々に興味がなくなっていく場合が多いです。
タイトルとURLをコピーしました