仕事でミスしてまった。実は隠すという方法もアリな場合がある

些細なミスの絵何とか解決したい!
些細なミス

あなたはまさに今仕事でミスをしてしまい、”隠す”という言葉頭に出てきてどうするか悩んでいる最中でじょうか?

またはすでに隠してしまったのかもしれません。

そしてその隠したことでどのようなことが待っているのか調べているのでしょうか。

いままで真面目に仕事に向き合ってやってきてここまで積み上げてきた信用があるからこそ、

ミスをしたことを認めたくないですよね。

またもしも正直に打ち明けたときにはたして周囲の人はどのような反応をするのでしょうか。

恵まれている上司や先輩がいる会社ではまず正直に話してくれたことを褒めてくれるのではないでしょうか。

そして今回のミスのフォローと今後同じミスがどのようにしたら防げるのかを一緒に考えてくれるでしょう。

しかし、そうだとしたらすべてのミスを打ち明ける必要があるのでしょうか。

またそのような人ばかりの会社ともかぎりません。

もしも、上司や先輩がミスしたことを責めるような人の場合は事実を打ち明けるべきが本当に考えてしまいますよね。

残念ながら人間はみなミスをしてしまいます

私もそうですが、みな失敗しています。

転職や入社して最初の一年はやはり要領を得ず、

さらに新しい職場のやりかたに馴染んでいないせいか失敗を連発してしまったりと落ち込んでしまいました。

働いている人たちに全体に目を向けてみるとなんと

100人に99人の女性が職場のでのミスを経験しています。

そうですあなたの職場でもミスや失敗をしたことがない人はいません。


「仕事でミスをしてしまった経験はありますか?」と伺ったところ、99%の方が「ある」と回答しました

出典:エン・ジャパン
99%の女性が経験している仕事でのミス、 “言い訳せず正確に” “とにかく早く”報告することが大事。 『 エンウィメンズワーク 』ユーザーアンケート集計結果 

仕事でミスをしてしまった経験はありますか?

大小違いはありますが、働いている人はみな失敗して落ち込んだ経験があります。

その背景は時間がぎりぎりな状態での緊張した状態や、寝不足など体調が良くないとき、

また仕事以外で何か心配ごとがあり気持ちが不安定なときなどさまざまな要因が考えられますね、

しかもそのような要因は自分でコントロールできないことだったりします。

では99%もの人が仕事でミスをしているのにみんなはどうしているのでしょうか。

隠せるミスと隠せないミスがある

ミスも隠せるものと隠せないものがあります。

隠せないものはきっぱりとあきらめて直ぐに関係する上司や同僚お客さんへ報告し次の行動へ移すのが最善です。

では隠せる物とはどんなものでしょうか。

隠せば終わりなのでしょうか。

隠すということは

人に知られないようにすることです。

よって後で知られてしまう危険がある場合、隠すことは有効な方法ではないですね。

また知られたときは隠したことも合わせて知られてしまうので仕事の場合はとっても評価が下がってしまう危険があります。

またミスは隠して終わりではありません、周囲に知られないだけで

自分でミスの挽回、今後同じミスを行わないように対策もしなくてはなりません。


ミスの対策はこちらにまとめてみました。

その仕事のミス対策、違和感ない?あなたに適した方法があります。


もしも報告をすればミスの挽回も再発防止の対策もグループや同僚などのサポートがあるかもしれませんが、

隠した場合は自分でこれらを完璧におこなわないといけません

もしも一つでも抜けがあると、隠したことが知られてしまったり、

また同じミスをしてしまう可能性が高いです。何度も隠そうとするとそれだけ見つかる可能性もたかるなります。

隠すということは

その問題がばれてしまった時には正直に伝えた時以上にデメリットが多い。

どのような問題は隠せるのか?

ではどのような問題は具体的に隠せる可能性があるのでしょうか。

これは一つの例ですが、参考にしてみてください。

ただし少しでも不安が残るであれば隠すという選択はお勧めしません。

自分だけのこと

会社から貸してもらっているコンピュータやスマートフォンを壊してしまったり、社有車をすこし傷をつけてしまった等
特に物を壊してしまったミスは隠しやすいです。


お金はかかりますが、パソコンやスマートフォンの修理専門店に相談をしたり、

当日板金で直す会社もあり土日が使えるのであれば破損前に回復することは難しくありません。

与える影響がとても小さく絶対に挽回できると確信できる場合

レジの計算間違いで自腹を切る場合や自分と一人のお客さんとのやり取りでミスを犯してしまった場合。

例えば良くあるのがe-mailでの添付ファイルの間違いや送信先の間違い等です。

すぐに適切で誠意ある対応を行えば社内まで広がることなくうまくミスがあったこを隠し通せることが多いです。

普段からまわりの仕事を見ておく

これはミスの発生前にもしもの時の備えです。

具体的には調査結果にあるように99%の人はミスをしています。

さてあなたの部署や会社には何人の従業員がいるのでしょうか…

そうですあなたの会社でもみなミスをしているのです。

では皆さんミスをするたびに報告しているのでしょうか。

ミスをしておこられている人を見る場面に出くわしたり、他の人のミスを挽回するために何度も手伝いをした覚えはありますか。

それなりにあるかもしれませんが多くは無いと思います。

そこでお酒の席等それとなく聞くとうまくやりきる方法を実は会社の同期や先輩が知っているかもしれません。

「こんなにできるXXXさんはミスなんてするんですか。」

なんて話をすると意外と教えてくれる人が多いです。

まとめ : 簡単なものであれば隠せるけれど…

仕事では隠せるミスと隠せないミスがあります。

そして隠せるミスはそれほど多くありません、しかし仕事環境が悪い場合など隠してしまった方がいい場合もあります。

隠せるミスは影響が少ない物や、自分で対策出来るなど限定的です。

さらにその問題がばれてしまった時には正直に伝えた時以上にデメリットが多い。

そこで、少しでも心配なったりする場合は素直に報告して隠さず対応する方が得策です。

一番大切なこと隠しても隠さなくてもミスの原因を見つめて

次は行わないようにしっかりと対策を考えることです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました