本気で仕事をして失敗ばかりしてる?それは成功の兆しです。

失敗何とか解決したい!
失敗ばかり

あなたは失敗ばかりして悩んでより良い方向へ進みたくて色々としらべているのではないでしょうか。

しかし失敗をするということは色々と行動を起こしている証拠です。つまり失敗しているということはチャレンジしているということです。すでにその行動を起こせているあなたは成功するための一歩を踏み出しています。ただ自己嫌悪になり伏せていては何も進まないことをわかっているのです。

あの失敗をしたときに助かてくれた同僚や先輩、上司に感謝の気持ちを込めて失敗から立ち直り挽回するところを見せてあげたいですよね。

仕事の質が良くなり失敗が少なくなっていままで失敗をしてしまった時に感じたあの辛い気持ちがなくなったら、とても職場に行きやすくなりませんか。そして失敗が減れば評価も上がってくるはずです。

そして今はその成長段階です。ここでうまく見直すことができればきっと成功へつながります。

もしも、そんなこと簡単に言わないでよ。。。ってあなたは思っているかもしれません。そんな時は。

以下を参考にしてみてください。

「仕事で失敗してしまった…」落ち込んだときに知ってほしいこと。

「失敗でクビ?!」仕事で大失敗をして心配しているあなたへ。

成長
仕事での割り切った人間関係で築く良好な職場

仕事で失敗してしまう事とは?

仕事をしていて失敗したくてする人はいません、みな失敗しないように頑張っているのではないかとおもいます。もしもあなたが本気で仕事をして失敗が続いてしまう場合はあと少し工夫すればその頑張りを生かせる状態にあります。

いままで失敗”ばかり”してきてしまったと思うあなはそれだけ失敗の理由を知っているのではないでしょうか。

一つ一つの失敗を思い出してみてください、同じものあるかもしれませんがすべて同じでは無いはずです。そしてどうすれば失敗しなかったのか今となってはわかるのではないでしょうか。

失敗ばかりから抜け出して成功へつながる道は少しづつ見えてきています。

失敗を減らして成功へ

成功へつながる道は見えてきましたではどうやって失敗から成功へ具体的に繋げるのでしょうか。それはしっかりと失敗に向き合うことです。その場しのぎの適当な対応をしたり、失敗から逃げてしまうと成長へつながりません。ではどうやって向き合うのでしょうか。

失敗に向き合うとは?

失敗に向き合うこととは、その発生してしまったことを受け入れる、そしてどのようなことが起こってしまったのか知ることです。その知ったことを整理して自分のなかに次の仕事の対策として取り入れることに繋がります。

子供のころに行ったゲームを思い出してみてください。クリアできない所があったときにただやみくもにやってもクリアできなかったりしませんか、しかしどこで何が起きるすこしづつ解るようになり色々な方法で試して、ゴール近づていったのではないでしょうか。

失敗から成功へ

失敗に向き合い発生したことを受け入れて、どのようなことが起こったのか知る、それをせいりすること。

失敗への向き合い方

では失敗を自分の財産として生かすにはどのように向き合えばいいのでしょうか。以下にまとめてみました。是非挑戦してみてください。

失敗したこと認める。

失敗すると嫌な気持ちになり目を背けたくなりますよね、事実からは逃れられず後悔しても仕方ないのです。失敗したことを受け入れて誠意をもってあやまり、失敗によって増えてしまった仕事等を全力でフォローしたりすることで、周りへの誠意も伝わります。そしてとても落ち込むかもしれませんが、無理に我慢せずにしっかりと気持ち正直に受け止めてあげてください。これらをおこなうことで次のステップへスムースに進むことができます。

失敗の原因を突き止める。

失敗の原因とはその仕事特有のこともあるかもしれませんが、そのような直接的な原因の裏に潜んでいる本当の原因です。表面的な対策でなく本当の原因を探すことが大切です。

本当の原因とは

例:倉庫にある実際の在庫数を確認して必要な分を発注する業務時に数を間違って発注してしまった。

対策:正しく数えて、一度では無く再確認する。

単純であれば上記のような対策になるしかし他の要因も無いか注意してみていきたいです。

間違える間接的な要因

-その時は体調がたまたますぐれなかったのではないか? –>対策:体調管理

-急いで業務を行い注意力が無かったのではないか? –>対策:忙しい時は別なタイミングで行う。

-そもそも不得意な業務で間違えやすい仕事だった。–> 対策:朝一番など冴えている時に行う。

失敗したらできるだけ早く対策を考えて実行

人間はストレスになること、つまり嫌な経験は忘れるようにつくられています。なので折角つきとめた原因と対策もすぐに実行しないと嫌な経験とともに忘れていってしまいます。失敗したらまだ記憶に新しいうちに原因をさがして対策の行動にうつしてください。しかしあまりに急ぐと心がおいていかれてしまいしっかりと原因や対策を考えられないので、一番優先するのは失敗を認めることです。

まとめ : 失敗から成功へうまく導こう

  • 失敗ばかりはそれだけ挑戦していて成功へのあと一歩です。一番のリスクは行動しないことです。
  • 対策:失敗したらその失敗に向き合い失敗をみとめて正しく原因を見つけてすぐに対策することです。

人は失敗してしまうのは当然です、失敗した時ははしっかりと向き合い次の仕事への糧とすればどんどん成長と成功をつなげられるようになります。今日の一歩から明日を変えて行きましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました