仕事で起こしたミスの報告はあなたの評価を上げてくれます。

謝る画像何とか解決したい!
謝る写真

あなたはまさに今仕事でミスをしてしまい、どのように報告するか、またはこの案件は報告したほう方がよいのか悩んでいる最中でじょうか。しかし報告のための最初の一歩をってどうやって出せばいいのでしょうか。

仕事のミスを報告する時、怒られたり、質問攻めにあったりと色々と想像してしまい怖く感じてしまうこともあるのではないでしょうか。また報告するタイミングも気にしてしまいますね。一般的にはすぐに報告した方が良いといわれていますが、たまたま上司やお客さん等が会議などで都合が悪かったったり出張に出ている、またはすでに退社していたり。

など色々と考えるといつどうやって報告したらいいのだろう考え込んでしまいます。またミスの報告なので気持ちも沈みさらに悩みが深くなってしまうのではないでしょうか。

残念ながら人間はみなミスをしてしまいます。

私もそうですが、みな失敗しています。転職をして最初の一年はやはり要領を得ず、さらに新しい職場のやりかたに馴染んでいないせいか失敗を連発してしまったりと落ち込んでしまいました。

働いている人たちに全体に目を向けてみるとなんと100人に99人の女性が職場のでのミスを経験しています。そうですあなたの職場でもミスや失敗をしたことがない人はいません。


「仕事でミスをしてしまった経験はありますか?」と伺ったところ、99%の方が「ある」と回答しました

出典:エン・ジャパン
99%の女性が経験している仕事でのミス、 “言い訳せず正確に” “とにかく早く”報告することが大事。 『 エンウィメンズワーク 』ユーザーアンケート集計結果 

大小違いはありますが、働いている人はみな失敗して落ち込んだ経験があります。その背景は時間がぎりぎりな状態での緊張した状態や、寝不足など体調が良くないとき、また仕事以外で何か心配ごとがあり気持ちが不安定なときなどさまざまな要因が考えられますね、しかもそのような要因は自分でコントロールできないことだったりします。

では99%もの人が仕事でミスする状態会社はどうしているのでしょうか。実は会社はすでに人はミスするものとして考えておりある程度対策がすでに打たれているのです。

報告のための最初の一歩がでない

上記のとおり会社で働く人は99%の人がミスをしており、会社ではすでに社員がミスすることは計算済みです。よってすでに会社ではミスの報告を受け入れる準備はできているのです。あとはあなたの一歩があると今回のミスは解決の方へ向かっていくのです。

報告の最初の一歩

今はまだ報告していなのでしょうか。報告の前の気持ちはミスをした時の記憶や、後悔のきもちやばれるのではないかという焦り、そのミスから発生する不利益など色々な気持ちや考えがあふれてとてもつらいのではないのでしょうか、その気持ちから脱するためにも清く、

「XXXのことでミスをしてしまいました。」と報告すると一気に力が抜けて楽になれるはずです。

その報告の後は、他のサイトにも多々あるように事実に沿って報告「誰が、いつ、どこで、何を、なぜ、どうやって、どのくらい、いくら(お金や時間)」すればよいかと思います。またそのあとの対策も聞かれる事かと思いますが、もちろん先輩や同僚等と相談しながら考えればいいかと思います。というのはあなたがミスをしたということは会社のその業務を監視するシステムがそのミスを見つけられない形になっている(例えば上司の承認や同僚との2重確認等が無い)のであなたでなくても他の誰かが同じミスするのが時間の問題ったからです。

ミスの報告に対する怖いくて辛い気持ち

まずはミスをしてしまったことを最初の一言でいうそうするとそのあとは楽になる。

報告の最初の一歩を踏み出そう。

報告した後の気持ちが楽なった未来を想像して最初の一歩を踏み出してみてください。気持ちが整理つかない、頭がごちゃごちゃしているからまだ報告できない。。。大丈夫ですたとてうまく報告できなくてもできるだけ早く報告することが何よりも解決への近道です。相手はあなたの報告を待っていますよ。

何もしないことが一番リスク

ただ一人で抱え込んで悩んでいるのは物事はなに一つ前進せず一番まずい状況ですすぐに対処すれば解決できな事もどんどん悪くなり大損害につながる場合もあります。確実に自分で解決できる問題でさえも自分で行動して解決のために動くものです。悩んで進めないのであればあれば以下を読んで是非気持ちを楽にして最初の一歩を踏み出すしてください。

報告のあとにどうなってしまうのか怖い

ミスの大きさでその損害が想像できてしまうほど責任を取らされたり、怒られたりするのではないかと想像してしまいがちです。しかし上に書いたように会社はすでに人が間違うことは理解しています。報告をすることでとてつもなくあなたの待遇が悪くなることは通常ありません。安心して報告してください。むしろ早い報告は会社からも報告してくれたことを評価するでしょう。また恐怖は勇気を育てます。

  1. 怖いが今回勇気を出して報告する。
  2. また同じく勇気が必要な行動をする時に、すこし恐怖が少なるなる。
  3. 1と2を繰り返す。

これを続けると勇気を持てる人に成長でき、悪い報告のような時だけでなくポジティブに決断に勇気を出せるになります。

一歩踏み出せば半分終わったようなもの

紀元前4世紀にプラトンという哲学者の言葉です。

始めは全体の半ばである。

物事を始めた時点で、全体の半分まで終わっているのと同じであるという意味です。新しいことを始めるには不安や障害がつきものですが、一歩踏み出すことで見える景色も変わっていくものかもしれません。これは今回のような辛い報告にも言えます一歩踏み出して報告してしまえばもう半分おわったようなものです。

まとめ : 報告は一歩踏み出せば後は勝手に進んでいきます。

  1. 自分のミスを認めて報告するにはとても辛くて大変なことです。またどうなるのか想像しずらい部分もあるのではないでしょうか。しかし、会社はあなたの報告を望んでいてあなたの最初の一歩を望んでいます。
  2. まずは自分がミスをしたことを報告してしまう。そうすると気分が楽にななる。またそのためには会社はミスしたあなたを否定しないこと、また一歩踏み出せばもう半分は解決していることを心にとめておこう。またこの報告のための勇気を振り絞った経験が次回に生きてくる。

一番大切な事は報告するときめたらすぐに対応することです。是非素早く報告して辛い気持ちから解放されてすぐに挽回して今後の仕事につなげていきましょう、今日の一歩から明日を変えられます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました