仕事が覚えらえない自分が辛い、精一杯の努力をしているのなぜ!?

精一杯の努力をしているのなぜ!?仕事が覚えらえない自分が辛い仕事がしたくない!
精一杯の努力をしているのなぜ!?仕事が覚えらえない自分が辛い
おしえてくれる上司

前の仕事での名残惜しい気持ちも切り替えて、すこしワクワクした気持ちで始めた新しい職場

「心機一転してこれからがんばるぞ!」

そんな思いで仕事を変えたはずなのになぜこんなに覚えられない?!

仕事に真面目に向き合っているし、もちろん必死になって説明はきいてメモだって取っている。それだけじゃない、ちゃんと、家に帰ってからもネットで調べたりしながら復讐してる。

それなのに、それなのに、それなのに。。。

「何度かやったのですがどうしてもわからない所があって教えていただけませんか」

手の平に汗を感じながらとても気を使い、手が空いていそうな一瞬を狙って上司に聞いた。

自分でも解ってる。。。この仕事を聞くのはもう3回目、本当ならもう覚えていて当たり前、でも間違ったら上司や他の人に迷惑をかけてしまう。そして上司は”わからなかったら聞いて”と言っていたよね。

「何度いったらわかるのかなぁ?それもう教えれるの3回目だよね?

隣で教えてくれる上司の声がとても冷たく、つけ放すような口調で聞こえてくる。

怖くて顔がまともに見れない、でもモニターに少し映り込むシルエットで穏やかな表情でないことだけはわかる。そして自分の背中に一筋の汗が流れるのを感じる。

とても辛い気持ち、先輩の言い方に対して辛いのでない。

今までそれなりにやれてきたのに…どうして覚えられないのか、その理由がわからず前にすすめない自分にいら立って辛い。。。。

仕事が覚えられないと色々な所にプレッシャーを感じてしまい、どんどん緊張して気持ちが落ち込んででも焦ってしまい、辛い気持ちになってしまったりしませんか。

何度も転職を重ねててきました私ですが、転職した人だれもば新しい職場では頑張ろうとそしてここでやっていこうと覚悟を決めて希望を胸に抱きながら始めるのではないでしょうか。なのにうまくかみ合わずなかなか覚えられない状況になってしまうことってありますよね。

この記事では

  • 何故覚えられないくて辛いのか原因は何なのか?
  • どうしたら辛い原因が無くなるのか?

具体的な方法を紹介します。

仕事を覚えるまでの期間

転職や就職した最初の期間が仕事をおぼえなければいけない時で覚える量もとても多いですね。次に違う部署に異動になったとき、最後に新しい業務の担当になったときではないでしょうか。ではそれらを覚えるにはどのくらいの時間がかかるのでしょうか。

以下にまとめましたので是非参考にしてください。

この結果を見ると3か月かかってもまだ慣れいない人が3人に2人はいるということです。

慣れていないということはもちろん間違いもしてしまうだろうし、人間関係や環境などに気遣いしてしまいストレスを感じている状態にあるのではないのでしょうか。

また転職した先が前職と大きく違う業種に転職した人にとっては変化が大きく、一般的にかかると言われている3か月以上の期間が必要なのは簡単に想像できるのではないでしょうか。

もしもあなたが以下にあてはまるのならまず自分の責任と責めずに「それでいいんだよ。」と認めてあげて肩の荷を下ろしてあげることが最初の一歩ではないでしょうか。

仕事にまだ慣れていない期間

-仕事を変えてからまだ3か月過以内

-3か月過ぎているが前職と大きくことなる業種に転職して業務大きく変化した

どうして覚えられなくて辛いのか。

ではなぜ覚えられなくて辛いのか。それは以下が当てはまりませんか?

  • 教えてくれる人からのプレッシャーが強くなる。
  • 頑張って覚えようとしているのにうまくできない自分へのイラだち。
  • 覚えられないことにより自分で自分へのプレッシャーが強くなる。
  • 折角時間を割いて教えてくれている人への罪悪感
  • 周りからの仕事の覚える速さへ評価

この中で自分以外の要因は一番上ではないでしょうか、それ以外はすべて自分の内面から発生するものです。これらとうまく付き合う方法は無いのでしょうか。

外的な要因

外的な要因はまさしく自分ではコントロールできず自分以外からの刺激で原因で辛くなってしまうものです。解決のためには相手が変わるか自分が変わるしかありませんが、一般的には相手に変わってもらう事いうのはまず不可能だといわれています。よって自分で変わる方法が近道です。

内的な要因

自分の中で発生する気持ちから来る要因です。こちらは自分の中から生まれる気持ちが原因となっているので、気持ちの切り替えなどで改善する方法があります。

覚えられなくて辛い原因

相手から来るプレッシャーなどの外的な要因と、自分の中で生まれてしまう自分を責めてしまう気持ちからくる2種類がある。

辛い原因は減らせる

どのような原因から辛くなるのがわかってきました。あとはその原因に適切な行動を起こせば辛い気持ちを少しでも減らして仕事を覚えるために前向きに進めるようになるのではないでしょうか。辛い原因を減らすためには以下のような方法を提案します。

  • 教えてくれる人からのプレッシャーが強くなる。
  • 頑張って覚えようとしているのにうまくできない自分へのイラだち。
  • 覚えられないことにより自分で自分へのプレッシャーが強くなる。
  • 折角時間を割いて教えてくれている人への罪悪感
  • 周りからの仕事の覚える速さへ評価

相手の態度を気にしすぎない

相手は他人です。あなたと同じ考えを持っている人では無いです。また得意不得意も違います。

教えてくれる先輩や上司は得意分野という可能性があります。得意な人にはなかなか苦手な人の気持ちは理解できません。

またすでに何年も行っている業務、だから呼吸するように自然に行う事が出来るでしょう。

そんな人がまだ転職して毎日覚えることが山積みのあなたの気持ちを理解しての言葉でしょうか。

また上司はそのような言い方で育てられてそれが普通になってしまい当たり前の事をしているだけという認識かもしれません。そのような人の言葉や態度を気にしていても自分が辛いだけです。また覚えてしまえば態度ばこのような状況は続かず今の一時だけと思えば少しは気が楽になるのではないでしょうか。

しかし誰から見てもおかしな態度をとる人がいて仕事に問題が出る場合は上司やその上の上司または人事に相談する必要があります。

出来ないことでは無くてできたところに目を向ける

もうあなたは新しい職場にきてある程度経過したのではないのでしょうか。そうであれば既にいくつかちゃんとできる仕事というのもあるのではないでしょうか。ミスをせずに出来るようになったことというのは素晴らしいことです。それは教えてくれた人のおかげでもありますが覚えたのはあなたです

覚えたあなたを褒めてあげましょう。

悪い所は気になってしまいますが、出来るようになった良い所も沢山あるはずです。

そして出来た!覚えた!みなの力になっている!やくにたっているかも!

と思える所に気づいて前向きな気持ちを育てて、取り組んでみるのはよい方法ではないでしょうか。

辛いのは今だけ

実はつらいのは今だけなんです。覚えてしまうと日常になり習慣になりとうとう上司や先輩と同じように呼吸するかのようにこなせるようになってしまいます。そうなったときに今の辛かった気持ちはあるのでしょうか。前の仕事についたときに苦労したときの記憶まだありますか?

できれば今の辛かった気持ちを覚えておいて、あなたの後に後輩が入ってきて教えることを任された時に寄り添うように仕事をおしえてあげられると素敵ですね。それができるとその新しいひとも比較的早く覚えて、辛い思いをさせずに笑顔を作ってあげられると思います。

まとめ : 辛いのは最初からしっかりと頑張っているから

精一杯おぼえる努力をしているのに仕事が覚えられず辛い気持ちになってしまうときがあります。

  • 原因:教えてくれる相手が過剰に期待してしまう場合と自分で自分にプレッシャーを与えてしまうことあるためです。
  • 対策:相手と自分は違うと理解することといまできるようになったところに目を向けると気持ちやわらいでできない所に少しづつ取り組めるようになれるはずです。

是非充実した新しい職場での仕事に向けて無理をせずに少しづつ変えいってみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました