仕事が覚えられない!半年経っても自分でも成長が感じられない…

自分でも成長が感じられない…半年経っても仕事が覚えられないってXXXがもう限界!これ以上無理!
自分でも成長が感じられない…半年経っても仕事が覚えられないって

半年はさすがにやばいだろ。。。

もうそんな声がまわりから聞こえてる。

わかってる、ちゃんとできていない自分のこと。

自分が迷惑をかけている。自分が足を引っ張っている。そんな状態が辛い。抜け出したい!

「大丈夫?みんなの動きをみていればわかるんじゃないの?真剣にやってる?

「なんで覚えられない?」

なんでなんて聞かないで!なんでか解ってたらやってるよ。

そんな言葉がとっても辛い。その言葉がまたプレッシャーになってさら心が苦しくなってやることわからくなくなる。

あんなに昨日の夜復習したのに仕事のために自分の時間も減らしたのに。

もう心の中は目の前の仕事のどころはない、悔しさややるせない気持ちが一杯でいまやらないといけないことが一気にわからなくなった。

もうどうすればいいのかだろうか。。。

もうすぐ入社して半年、まだ仕事がおぼえられない所があり辛くなる時、どうすればいいのでしょうか。

試用期間という制度をもっている会社が有ります。この期間は3か月としている会社が多いようです。この期間はいうなればお試し期間この期間に雇った人が仕事や会社にむいているかを総合的に見る期間です。もしも入社した人が試用期間をすぎて本採用となったのであれば、その人はは仕事を続けていく見込みありという判断がされたことになります。

この記事では

  • 入社してい半年経ったけど、仕事ができないのはまずい?
  • 今後どのような道があるのか?

具体的な方法を紹介します。

仕事を覚えるまでの期間

仕事を変えて半年位経つ、周りの人はもう一人前と見なす人が出てくるのでははないでしょうか。

しかし本当に一人前になれるのでしょうか。

職人の世界では半年ではまだまあてに仕事を「まだ覚えられないの?」なんて言葉が出たりするようですが、そのようなことを言われてしまうと。色々と考えてしまいませんか?

では一般的にどれくらいで仕事を覚えていくのでしょうか。

試用期間とは

会社によっては試用期間というのを設けている会社があります。

試用期間とは:
会社が採用した人の勤務態度、能力、まわりの人とやっていけるかなどをみて本採用するかどうかを会社側が判断するための期間です。

試用期間を設定する理由:
面接や書類ではどうしても採用した人の適正正しく判断することは難しいです。なので仕事ぶりをみて判断しようという背景から設定されています。

試用期間の長さ:
一般的には3カ月にしている会社が65%、6ヶ月にしているのが14%だそうです。
また社会保険労務士(略して社労士)の意見では6ヶ月は必要ではないかという声があります。

引用:大熊社労士のわかりやすい人事労務管理相談室 試用期間の長さは何ヶ月が適切でしょうか?

上記をみると社労士の6ヶ月は必要ではないか、に対して3カ月が現状として圧倒的に多いのがわかります。

ところで社労士とは何をする人でしょうか。

医者に例えると、弁護士の仕事の中心は

「すでに病気になっている人の病状を いかに回復させるか」です。

病気の予防というより、実際にもう病気やケガになってしまった人、時には、瀕死の重症の人が依頼者のほぼ100%。

つまり、トラブルが発生している人や既にケンカをしている人が依頼者なのです。

これに対して、社労士の仕事は、予防として「健康で強い体質づくり」です。

つまり、トラブルが起こる前に予防として、人事・労務の管理体制を強化。そして、ガンガン稼げる組織に成長させること

「マイナス要素に リスク対策を準備し、 → プラスを さらに どれだけ増やすか」

松本みつはる氏社会保険労務士事務所 公式サイト そもそも社会保険労務士って何者? 

つまり、最適な仕事の環境を作るプロですね。

仕事に慣れるまでの期間

では実際に仕事に慣れるまでの期間をみてみましょう。

以下にまとめましたので是非参考にしてください。

こちらを見ると業種によって覚えられる大きく変わるのが解ると重いますが、一般的には3カ月は最低でも必要といえます。

仕事で半年経過した人の求められること

これらの結果から特殊なエンジニア等の仕事の場合の除いて半年たった場合ある程度の成長や成果は期待されます。しかしすべてを上手くこなさなければいけないという事ではありません。やはり得意不得意があるので、自分で何が出来ていて、なにがあとすこしだなという点があるのか振り返るのが次の一歩への準備に大切だと思います。

仕事上のコミュニケーションつまり「報告・連絡・相談」

これが一番大切です。これが出来ていないと仕事を行うのにおおきな問題が出てくると思います。

この「報連相」の一番大切な所はあなたの今の状態のです。つまり、

  • 仕事でわからない時に相談ができていか
  • 間違ったり、ミスしたりしたときに報告できたか?そして対策を相談できたか?
  • 人間関係や仕事の環境などで悩んだり、わからないことがあったときに相談できていたか?

これらの問題は仕事がかわるとよく出てくるものと言われていますが、「報連相」をしっかりとできていると問題を減らす大きなたすけになります。これが出来ていないと今後も問題になるのでとても重要とされています。


求められること

報告、連絡、相談のコミュニケーションをしっかりとる。


頼まれたことはやり切る

仕事をしていると色々と頼まれることがあると思います。その業務に対してやりきることを期待しています。もちろん間違わないで行ってほしいと思っています。

もちろんちゃんと覚えていない場合はり切るのは難しいですが、どの程度その人が理解できているかはわかりませんが、

半年もいたのだからわかるだろう。

という考えからこのような思いがでてきます。


求められること

頼まれたことはやり切る


ここに私あり。得意な分野を見つける

半年仕事を続けると得意な業務と不得意な業務というのが解ってくるのではないでしょうか。そこにあなたを活かす所があります。

その得意なところはあなたの強みです。

その強みを生かしてすでに長くいる人よりもうまくできたりするととても良いアピールとなります。採用を決めた人事の人や社長はそのような事を考えて採用していることが多いです。

これはとっても礼儀正しい、いつも笑顔が多く挨拶がきもちいい。ということでもしっかりと評価されます。


求められること:

会社で得意な仕事をみつけて他の同僚等から一目置かれる


今の状態と比較して次の一歩は

半年ほど勤めると求められることも出てきます。しかしその通りにできないから悩むます。

私も半年で使い物にならない会社もありそのときは本当に辛かったです。

では半年経過した状態での次の一歩はどうすればいいのでしょうか。以下に一つの判断の目安あげられます。

環境の振り返り

働く時間、残業や休憩の仕方、休みの取り方、上司や先輩、同僚の人間関係です。これを振り返ってみてください。

仕事を教わるときに、マニュアルもなく仕事は

「一度で覚えるのが当たり前できなのはあなたがわるい!」

という環境だったりしませんか。”仕事は教えない見て覚えろ”なんていう環境ではとても続けていくには辛いのではないでしょうか。そのような環境も今後も続くのが予想できてそんなのえは覚えられないと思うのでは続けていくのが難しいですよね。

業務の振り返り

業務に興味が沸きましたか?少しでも楽しいと思えるような時間は過ごせたでしょうか。もしも全くないのであればその仕事は徐々に辛くなってやりがいや楽しみを持てず辞めたくなる可能性が高いです。もしも業務以外で大きな目標や充実した生活があるのであれば問題無いかもしれません、やりがいの無い仕事を数十年続けるのは大変苦痛になる可能性があります。

仕事のやりがいについては現在記事の準備中です。

自分の振り返り

業務で一番大切な報告、連絡、相談をしっかりと行っていけるでしょうか?特に新しい会社に入ってしばらくは圧倒的に相談がおおいのではないでしょうか。半年の間に戸惑った時や、分からなかったとき、覚えられなくて困った時など相談できる人がいてストレスなく仕事を行えていれば、期待通りの結果もだせているのではないでしょうか。このようなことが相談できないのであれば辛くなり続けていくのは困難なると思います。環境と業務を振り返って今後もやっていけるか。ここで見直して

ここは自分の場所じゃない

という場合は再度転職という選択も考えてみるものいいかもしれません。

まとめ :半年はよ大切な判断の時期

一般的には半年その仕事につくとある程度は成果がもとめられます。もしも半年たっても覚えられない場合は以下を確認することをお勧めします。

  • うまくいかなかった場合などにしっかりと相談できたか、自分で頑張るのも大切ですが相談が大切です。
  • 教える環境が適切だったでしょうか。一回で覚えろ!や見て覚えるろ!などとしっかり教えな環境の場合そもそもちゃんと覚えられません。

これらの状況を見極めて、あれこの職場おかしい?!と感じたら仕事を変えるという選択も必要かもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました