「残業が当たり前」の環境でも残業なしで帰るためには?

「残業が当たり前」の環境でも残業なしで帰るためには?仕事がしたくない!
「残業が当たり前」の環境でも残業なしで帰るためには?

「それじゃおつかれさまでした。」

あぁーおつかれ、君は暇そうでいいね、定時で帰れて。

上司も先輩も残っているけど今日は大切な用事があって定時あがり。そう早帰りではない定時あがりだ。

なぜこんな嫌味をいわれねければならないの?しかもたまにの定時なのに。

この人たちはいつもダラダラと仕事をしては遅くまで残っている。そして上司が変えると帰宅するのだ。「残業で仕事やっている感」出しているつもりなのだろう。




そんなある日

珍しく上司が定時が定時で帰宅する日があった。

するとどうだろう残業を毎日やっている人たちがみな帰宅してしまった。

そう普段残業している人たちも本当は残業したくなかったのだ。



残業とは本当ならば重要な案件で遅れると大きな損害や納期遅れなどが心配されるためにおこなうもです。このように同調の圧力で行ったり仕事をやっているアピールとするためにおこなうようなものではありませんが、そのような会社が存在ます。

このような会社で働いてる場合どうやって仕事をしていけばいいのでしょうか。

この記事では

  • 残業が当たり前の会社の状態
  • 「残業当たり前の会社」でどうやって残業を回避するか。

具体的な方法を紹介します。

「残業が当たり前」ってそれが普通なの?

遅刻もせず真面目に仕事をしているのに時間がない。頑張っているだけにどこに原因があるのかわからず辛いですよね。

今、こんな状況になっていたりしませんか。

「残業が当たり前」と言っている人や会社の状況

  • 「生活残業」を行っている人がいる
  • 1人あたりの仕事量が異常に多く、その状態が当たり前に
  • 残業は美徳という考えを持っている人がいまだにいる。

これらの項目が残業を当たり前の状況をゆるす環境を作っています。

その環境が発生してしまう原因は何なのでしょうか。以下にまとめてみました。

「生活残業」を行っている人がいる

「生活残業」とは生活を成り立たせるための残業を行う人のことをいいます。

この中には本当に生活が厳しくて残業のおかげで生活が成り立つという人もいます。しかし残業代欲しさに、ダラダラと仕事を行い残業に持ち込むという人達もいる場合がありそのような人が問題になっています。

このような人達は残業をしたいと考えているので、「残業が当たり前」の雰囲気を作り出してしまいます。

1人あたりの仕事量が異常に多く、その状態が当たり前に

会社やそのグループ管理をする上司が残業を日常に行っている状態を「おかしい」ととらえず放置している状態が原因です。

会社も社会で生き残るために戦っています。サービスや商品を提供して取引先より収入を得ています。しかし、価格競争に飲み込まれたり、商品に付加価値がつけられないような状況になると会社を存続させるためにコストカットを行わないといけません。その結果の一つではないでしょうか。

生活ができるだけ稼げれば生活残業は必要ない人たちです。もちろん残業したくないという人がほとんどです。

残業は美徳という考えを持っている人がいまだにいる

高度経済成長期時代を実感した人達がまだ働いている場合に発生します。その当時 1960年に当時の首相池田隼人が「10年給料を倍にすると宣言」し国民が一丸となって働きました。その結果目標を超える結果となりました。以下がもしも元の給与が300万円だったらと仮定して計算しました。

以下参考ページです。

かつて長時間労働(残業)は美徳だった | ようこそ、「中高年サラリーマンの松下村塾」へ

左が国が挙げた目標 右が実際の昇給率です。

残業は美徳という考えを持っている人がいまだにいる
残業は美徳という考えを持っている人がいまだにいる

いかがでしょうか。毎年10%も給与がアップして10年後に300万円の人が850万円近くなるという計算です。しかも実際は13年続いています。13年後はなんと1150万円、もとの給与の4倍近いです。

このような時代を経験した人が「残業は美徳」という考えが出る気持ちも少しは理解できるのではないでしょうか。

しかし残念ながら今はそのような時代ではありません。当時の感覚には全く合わない仕事環境です。

またこのような感覚を持っている人たちも稼げたり夢や希望があったのでできましたが、それがなければ残業はできはしなかったはずです。今の時代が昔と変化していることはうすうす気づている人も多いはずです。

残業したく無いんですけど、どうすればいい?

以下の方法が解決に役立ちます。是非少しづつでも進めていってみてはどうでしょうか。

「残業が当たりえの職場」で立ち回るには
  • 生活残業は非効率、見直しで効率アップ
  • 時間管理
  • 仕事量が多すぎる場合の対策
  • 残業の正式な依頼を出してもらう

生活残業は非効率、見直しで効率アップ

アルバイトやパートで生活残業をする時間があるのであれば最初からその残業を組み込んだ長い時間で仕事に就きなおすのはいかがでしょうか。最初から長く働けることをアピールするとその分仕事を得られる可能性はたかくなります。

社員であれば、生活残業で稼ぐよりも成果を上げて評価をあげて給料を上げる方が長い目でみると安定しており、確実に稼げる方法です。


この他にも……

後工程の人に影響を与えない

本来なら定時で終わるような仕事を残業代欲しさにダラダラと行っているとそのあとの工程の人が仕事ができずに遅れてしまいます。余計な残業がなくなるとこのような問題も無くなります。

定時で帰る人のへのモチベーション

できるだけ残業を無くして定時で帰ろうとする人もいる中、いつも残業で残業代を稼いでいるとそんなほうほうで稼ぐのはズルいや道徳に反するなど、反感がうまれる場合がありますが、そのような問題を減らせます。

時間管理

時間管理を適切に行うと、出来ていなかった状態から仕事を行う量とスピードを大きく改善するこができます。以下に時間管理をまとめました。

  • 十分な成長を伴える仕事の時間
  • 圧倒的な業務効率の改善
  • 仕事のでの評価を得られる

慣れるまでは色々と試すことがあるかと思いますが、その効果は大きいです。

仕事量が多すぎる場合の対策

仕事の量が多すぎるとどれからとりかかればいいのか、わからないですよね。また手を付ける順番も間違えると遅くなったものがクレームにつながることもあります。

「残業の量が多すぎるときにどうすればいいのか。」を以下にまとめました。

残業の正式な依頼を出してもらう

「残業を美徳」と考える上司がいてその人たちがなぜそう思うのかの背景が少し感じれたかと思います。しかし時代は変わり、給料もあがらず、会社に尽くしてもいつ切られるかわからない時代です。必要のない残業はすることないですよね。

大切なのは自分の意志ではなく業務命令で行うということを明確にしてもらうことです。

ではどうやって断りましょうか。

Step.1 :残業指示なの明確に確認する。

Step.2:本当に残業指示であれば履歴を取る。

確認はたとえば、「それは残業の指示ですか?」と直接聞くことですね。

また履歴を残すのは一番いいのはメールでもらう等すると日付も誰から来たのかも明確にわかります。

まとめ : 「残業が当たり前の感覚」はおかしいのです!

残業は時と場合により必要なのは否定できません。しかし当たり前になってしまうのは異常ですね。

残業を愛する人もいまだに生息する仕事環境かもしれませんが、そのような環境を受け入れると次第にあなたも残業が当たり前とおしつけてしまう人になる可能性まで出てきてしまいます。

是非提案した対策で健全な仕事環境を手に入れてください。

「残業が当たりえの職場」で立ち回るには
  • 生活残業は非効率、見直しで効率アップ
  • 時間管理
  • 仕事量が多すぎる場合の対策
  • 残業の正式な依頼を出してもらう

コメント

タイトルとURLをコピーしました