上司も納得の「残業しない」術これで気兼ねなく定時帰宅!

上司も納得の「残業しない」術これで気兼ねなく定時帰宅!何とか解決したい!
上司も納得の「残業しない」術これで気兼ねなく定時帰宅!

金曜日の終業時間がせまってくると怖くなってきたのはいつからだろうか。

学生の頃はなんたに楽しみだったのにいまでは電話にビクビクだ。

と思っているそばから電話がなった……

まただ。

今日も同じ取引先から電話があった。そして同じように月曜日の朝納期の仕事。

これで、また今週末も仕事が決定だ。

この取引先はすでに当たり前のように金曜日の夜に連絡してる。

そして、一方的に仕事を依頼しては納期を勝手に決めて切ってしまう。

そもそも先週納期を守った仕事はどうなったのだろうか。

まったく連絡がない。

こんな仕事は本当に顧客のためなのだろうか。ただいい様に使われているだけじゃないのか??


お客だからという立場を利用して無理を当たり前のように依頼してくる場合、いままで経験があるのではないでしょうか。

どうしようもない緊急案件という場合はサポートしなければいけないと思いますが、これが毎週のように週末を狙って以来をしてきたり、終業間際というのは自分かってな都合でしかかんがえてないように思えてしまいます。

このような場合も残業が必要なのでしょうか。

この記事では

  • 残業をしている理由
  • 行っている残業の重要性
  • 残業をしない方法

具体的な方法を紹介します。

なぜ残業しているの?必要だからだよね?

残業の続く毎日、本来仕事とは定時で終わるように計画されているはずですが、それでも残業になってしまう理由。それってはなぜなのでしょうか。

必要ない残業を行っているつもりではないはずですよね?

残業をしている理由とは?

  • 会社に貢献している
  • 仲間の助けになっている
  • お客さんの満足度に繋がっている
  • 職場の連帯感を壊さないようにしている

これらの項目に心当たりはありませんか。順番に見ていきます。

会社に貢献している

自分の時間を捧げて残業を行う、場合によっては仕事の量が常識的な範囲を終えて絶対に残業をしないとおわらない量でも取り組む。

会社によってはこのように働くことで会社に貢献している。また忠誠していると判断する上司がいるではないでしょうか。

特に上司が残って仕事を行っていたり、経営陣がたまたまその様子を目にする場面があったときに

「忠誠心が高い」、「頑張っている」とう評価それるかもしれないということでしょうか。

仲間の助けになっている

上司や同僚などから定時間際で仕事を頼まれる、すでに自分の仕事量が手一杯で残業しても終わらなそうなのに頼まれると断わらない。

それは困っている仲間を助けたいからという気持ちでは無いでしょうか。

お客さんの満足度に繋がっている

締め切り間際や営業時間終了間際、または休みの日でも電話がかかってきて、調整や新しい仕事の依頼がくる。

場合によっては担当の営業さん、から連絡があり「すぐにやってほしい」という場合もありますね。

そいういう無理なお願いにも親身になって対応する積み重ねが、会社への満足度につながると考えている。

職場の連帯感を壊さないようにしている

仕事はチームワーク、一人ではできないこともあるので、職場の上司、先輩や同僚との関係は大切、人間関係を悪くしたくもないので、余計な波風をたてたくない。

みなが残業をおこなっているのであれば一人早く帰ってみんなの雰囲気や連帯感を壊すよりも

残って残業を行い、皆で仕事を終わらせた方がよいという考え。

どれも残業しなければいけなそうな?理由

良くありがちが残業を行うときにいわれる理由ではないでしょうか。

では本当にこの通りなのでしょうか、残業がないとこれらは達成できないのでしょうか。

その残業理由は本当ですか?

 

  • 本当に?会社に貢献している。
  • 本当に?仲間の助けになっている。
  • 本当に?お客さんの満足度に繋がっている。
  • 本当に?職場の連帯感を壊さないようにしている。

会社に貢献している⇒評価されてますか?

会社に貢献しているだ。「貢献するために残業している。」そしてその貢献は認められるという考え。

ところでその残業評価されていますか?一般的には残業は評価されません。

その理由は一般的には残業代は予定外の経費なります。会社は決められた人件費でその範囲内で人を使って成果を出す組織です。よってある程度教育された人だれば残業なしで終わる業務量のはず。

それが終わらずにいるのは能力の足りていないことを表すようなものです。

ただし例外があります。

旧体質の会社などは目の前で残業をがんばっているように見えると評価したくなるとう場合です。たとえ能力が足りなくて仕事をしていたりだらだら仕事をしていてもそのように評価してしまうような会社があるようです。

しかし、社会としてはどちらがの会社が伸びるでしょうか、もちろん決まった時間で効率よく仕事をする会社の方がいいに決まっています。

もしも、無意味に近い残業が評価されるような会社にいる場合はその会社の将来が危険です。

仲間の助けになっている⇒押し付けられてない?

他の人の助けをすることはとってもいいことだと思います。しかしその仕事をもらうことで残業が日常になっていまい、終わらない状況になっていませんか?また残業を依頼した人はどうでしょうか。いつも依頼するばかりで逆に助けてくれることはあるのでしょうか?

いつも助けてばかりの時はその人や業務の指示をだす上司に問題があったりします。また、場合によってはいつも快くひきうけてくれる「都合のいいひと」だから頼んでいる、いわゆる「押し付け」なんて悲しいこともあったりします。

ズルい人に仕事をおしつけられていませんか?

お客さんの満足度に繋がっている⇒都合よく使われていない?

就業時間前に次の日までに終わらせてほしいや、金曜日の夜に月曜日の朝を納期にする依頼などがはいりそのために残業や休日出勤をする。

一見急なお客さんの依頼に対応して感謝されるような事をしているように見えますが、味方によっては下請けばかりに擦り付けているように見えなくもありません。

どうしようもない事象で稀に発生する場合は納得できると思いますが、常に要求ばかりしてくる「ブラック顧客」というのも存在します。

そのような顧客は自分の会社だけが得をすることだけを考えています。

職場の連帯感を壊さないようにしている⇒嫌われたくないだけ?

仕事は色々な部署が連携しながら進めていくものです。よってチームとの適切な仲というのは必要だと思いますが、しかし「一緒に残って残業すること」がチームワークを育むことで有りません。

もしもチームで手助けが必要な人がいたら手助けを行うのはチームワークだと思いますが、特に周りも困っていないのに、自分も一緒に残って自分の仕事を残業するなどは連帯感などでは無く、無駄な残業です。

もしも、そのような事とをしている場合の理由は何でしょうか?

「自分だけ残業をせずに帰宅する。」ことが周囲から白い目で見られるのが嫌だからだったりしませんか?

相手を納得させる仕事とは 

では残業をせずに帰るためにはどうすればいいのでしょうか。

それは誰からも、しっかりやっていると見えるように結果を残すような、仕事をすることです。

定時帰宅に必要な仕事の仕方
  • 納期を守る
  • 他人の仕事を遅らせない
  • 十分な仕事の質を保つ
  • 周りには親切に接して助けるただし見極めが肝心


納期を守る

残業をしないということは他の人よりも仕事の時間は少ない状態です。これで仕事の納期を送らせていては非難が出てしまいます。かんらず守るように仕事を行いましょう。

他人の仕事を遅らせない

納期と同じく、次の工程の人を待たせるような事をすると仕事ができていないとう評価に繋がってしまいます。いつでも次の人が取り掛かれるように終わらせておくと「仕事が遅い」等という言葉はでてきませんね。

また、次の人の進捗を確認しながら仕事をするのも手です。もしも、次の工程の人がまだ取り掛かれない状況にあれば、その仕事の優先度を落とすなどして調整も可能だと思います。

十分な仕事の質を保つ

残業をしていなくても残業をした人と同じまたそれ以上の仕事の質が保てていれば資料を受け取った人は問題なのではないでしょうか。

それが上司だった場合、同じ質の資料で残業をした人としてない人なら、残業せずに短時間で完成させた人の方が評価が高いです。

周りには親切に接して助けるただし見極めが肝心

自分の責任分の仕事が終わったらそれで終了ではありません。同じチームの忙しい人を助けるとその人からの批判は少なくても無くなるはずです。

しかし、親切心で手助けしてもズルく手助けを当たり前のようにもらったり手助けをもらってサボるような人も社会には存在します。

そのような人がもしもチームに存在して足を引っ張るようであれば、断固として放置して一定の距離を保つことが大切です。

残業なしの生活とは

残業の無い生活を手に入れると、本当にひつような残業かどうかがわかり、本当にひつような残業が発生した場合でも、目的意識をもって集中して取り組み短時間で終わらせることができます。

また、残業の無い毎日のために日々集中して業務がとても効率化できます。そしてとても大切な時間を手に入れることが出来るのです。

仕事に必要なスキルの勉強

もしも、残業代に魅力を感じていたことがあったとすれば、是非スキルアップのために時間を使ってみてください。業務のスキルアップが行えると行える業務が増えて、効率があがり、評価につながります。

残業代を稼ぐよりも、効率的で、自身の成長にもつながり会社の効率化にもつながります。

自分の時間が持てる

会社への往復だけでは疲れはててしまいます。残業を無くしてきたくすることで自分の時間がもてるようになります。

趣味の時間でも家族の時間でも仕事以外での時間に割り振る事ができます。このような時間は心と体のリフレッシュにとても大切です。

ストレスが少なくなる

仕事を行っている間は何かしらストレスにさらされているのではないでしょうか、期限や、成果、人間関係など、これらのストレスに関わる時間が残業を行わない分短くなります。

ストレスにさらされる時間が短いほど疲れも減り、その他の事を行うやる気にもつながります。

完全に疲れてしまっては全くやる気が起きないものです。

まとめ : 残業せずに周りを気にせず帰れます

色々な理由で残業を行うのがまだ常識となっているかもしれませんが、そもそも残業が本当に必要な場合が少ないです。

本当に必要な残業なのか見極めが必要になります。

 

  • 本当に?会社に貢献している。
  • 本当に?仲間の助けになっている。
  • 本当に?お客さんの満足度に繋がっている。
  • 本当に?職場の連帯感を壊さないようにしている。
  • 実はよくよく考えると本当に必要な残業というのはおおくありません。
  • しかし、残業をせずに帰るのが帰りずらい会社というのは意外に多いものです。
  • そのためには以下を行う事で上司など周りの人からも納得してもらって定時でかえれるようになるのではないでしょうか。
定時帰宅に必要な仕事の仕方
  • 納期を守る
  • 他人の仕事を遅らせない
  • 十分な仕事の質を保つ
  • 周りには親切に接して助けるただし見極めが肝心

コメント

タイトルとURLをコピーしました