割に合わない仕事と感じる理由知ってますか?給料じゃないんです。

割に合わない仕事と感じる理由知ってますか?給料じゃないんです。XXXがもう限界!これ以上無理!
割に合わない仕事と感じる理由知ってますか?給料じゃないんです。

人をお世話するのがやりがいと思ってついたけど、

もう割に合わない仕事つら過ぎ!

とっても仕事がきついのに給料は少ない。

人手不足だし。

こんなはずじゃなかったのに……


仕事がわりに合わないと感じる事って多々ありますよね。それが一時的な業務ならいいのですが、毎日だと辛くなってしまうのではないでしょうか。

割に合わない原因て何なのでしょうか。もちろん仕事量と給料のバランスだとおもうのですがそんなに単純なものでしょうか。

この記事では

  • 自分でも認識できていなかった「仕事が割に合わない」と感じる本当の理由とは。
  • そのまま仕事をつつけると起きる問題
  • 本当の割に合わない状態」を解決するための方法

具体的な方法を紹介します。

仕事が「割に合わない」と感じるのは? 

仕事が「割ににあわない」というのは一般的に

しっかりと働いて成果も出しているのに、正しく評価されていない、給料が見あっていない。

という状態ですね。

「仕事がわりに合わない」と感じる理由

しかし「割にあわない」と感じる背景、実は人それぞれで色々とあります。

みな割にあわないというのですが、給料とその比較対象が違うのです。

割に遭わないと感じる「軸」は人それぞれ
  • その人が入社前に思っていたイメージと違ったため(自分の思っていたイメージと比較)
  • 残業など仕事量の比べて給料がすくないため(自分の働き比較)
  • 自分ばかり仕事が集中して他の人がひまそう(自分と他人との比較)
  • 仕事がきついにの給料がすくないため(他の業界と比較)
  • 求人票の給料よりもすくない(情報が違う)
  • 海外と比べて日本の仕事の満足度は低く日本で働くこと自体割に合わない。(海外と比較)

自分の思ったイメージと違う

その人が入社前に思っていたイメージと違ったため

入る前にこれだけの仕事量でこれだけ給料が貰えるだろうと、想像をするかと思います。しかし入社してみると違ったという状況です。

自分の働きと比較して

残業など仕事量の比べて給料がすくないため

サービス残業や無休の休日出勤など沢山働いて貢献しているのもかかわらず受け取っている給料に反映されない。

自分と他人とを比較して

自分ばかり仕事が集中して他の人がひまそう

自分ばかり忙しい、ほかの同僚や上司は暇をしている。仕事の分配が不公平と感じる。

他の業界と比較して

仕事がきついにの給料がすくないため

介護職、看護師、美容師、料理人、パティシエ等と他の業界に比較してきつい仕事内容なのに給料や休みがすくない。

そもそも情報が違う

求人票の給料よりもすくない

XX万円稼げますと書いてあったから入ったのにその通りの給料がもらえない。またはその通りの休みが無い。

海外との比較

海外と比べて日本の仕事の満足度は低く日本で働くこと自体割に合わない

日本と海外を比較した、「仕事満足度」や「給料と休みの比較」などの情報が圧倒的に日本は低いため。

「仕事がわりに合わない」が原因で起きる問題

転職の勇気が出ない画像

わりに合わなない状態で著しく負担が大きい場合は以下のような問題が心配されます。

  • 体をこわしてしまう
  • 精神的にも負担になる
  • 仕事以外の生活にも悪影響を及ぼす

ただしすべての上記の「割に合わないと感じる場合」に当てはまるわけではありません。

体をこわしてまう

仕事が「忙しすぎる」「きつすぎる」といった場合さらに生活がこまるような給料の場合は以下のような健康を壊す心配があります。

  • 睡眠不足
  • 食事がとれない
  • 疲れがとれない
  • 体調不良でも出勤しなくていけない

このようなことが続くと体を壊してしまいますね。

精神的にも負担になる

他の人に比べて自分ばかり割に合わない不公平な状況や、上と同じく「忙しすぎる」「きつすぎる」により休みとれない状況となるとせ心的にもリラックスする時間がもてずとても負担になります。

仕事以外の生活にも悪影響を及ぼす

体の不調や精神的にも負担が増えてくると仕事以外の時間でもその影響あでてきて、休みの日なのにストレスが発散できていない。家族や仲の良い人にも興味がなくなったり、当たってしまったりという事が起きたりします。

どうやって解決するの

一般的にはこのような状況では

  • 最低限の仕事をする(仕事を減らす)
  • 給与交渉をする(もらえる量を増やす)
  • 転職する(見切りをつえて去る)

と言われていますがそれだけでしょうか。上記3つで解決できるのでしょうか。

私は上記以外にも各原因に対しての対処法があると考えています。

私の考える本当の原因ごとにまとめてみました。

事前調査不足

事前に比較検討やその業種や仕事を調査が十分にされなかった可能性があります。

これらが原因の場合は次回転職する場合などは状況をや業界をしらべるのが問題を回避する近道になるはずです。


対象となる「割に合わない」と感じる理由


自分の思ったイメージと違う
  • その人が入社前に思っていたイメージと違ったため

入る前にこれだけの仕事量でこれだけ給料が貰えるだろうと、想像をするかとおもいます。しかし入社してみると違ったという状況です

他の仕事と比較して
  • 仕事がきついにの給料がすくないため

介護職、看護師、美容師、料理人、パティシエ等と他の業界に比較してきつい仕事内容なのに給料や休みがすくない。

会社がブラック

なかなかブラック企業というのは事前にみつけるのは難しいのではないでしょうか。このような会社は早く転職するするこが一番ではないでしょうか。


対象となる「割に合わない」と感じる理由


自分の働きと比較して
  • 残業など仕事量の比べて給料がすくないため

サービス残業や無休の休日出勤など沢山働いて貢献しているのもかかわらず受け取っている給料に反映されない。

そもそも情報が違う
  • 求人票の給料よりもすくない

XX万円稼げますと書いてあったから入ったのにその通りの給料がもらえない。またはその通りの休みが無い。

自分と他人とを比較して
  • 自分ばかり仕事が集中して他の人がひまそう

自分ばかり忙しい、ほかの同僚や上司は暇をしている。仕事の分配が不公平と感じる。

頑張りすぎている

しらずしらず他の人の分まで仕事をしていませんか。

助け合いができる人達が集まった会社では感謝されていつの日か逆に助けてくれることもあるかと思います。

しかし人間は怠けものなので、「この人がやってくれるなら自分はやらなくていいや」という人が一定数いるものです。

この場合は無理して頑張るとどんどん辛くなってしまうのでもしも仕事内容には不満がないのであれば手を抜くのが良い方法ではないでしょうか。


対象となる「割に合わない」と感じる理由


自分と他人とを比較して
  • 自分ばかり仕事が集中して他の人がひまそう

自分ばかり忙しい、ほかの同僚や上司は暇をしている。仕事の分配が不公平と感じる。

現実が辛くて目標がかすむ

何かの職人(プロフェッショナル)や人を助ける仕事など特別な「こころざし」や「おおきな人生の目標」があって就いた職業ではなかったのでしょうか。

そのような職種は例えば、職人であれば一人前になるには修業時代はとても厳しく給料はとてもすくないです。また人助けなど大きな志を持った仕事は給料以上のやりがいをもって就いたのではないでしょうか。

その初心を思い出し本当に今の仕事は「割にあわない」のか?考えると答えは見つかるのではないでしょうか。


対象となる「割に合わない」と感じる理由


他の仕事と比較して
  • 仕事がきついにの給料がすくないため

介護職、看護師、美容師、料理人、パティシエ等と他の業界に比較してきつい仕事内容なのに給料や休みがすくない。

自分で解決することを諦めている

全く自分がコントロールできない、自分の問題では無く「どうしようもできないこと」とあきらめている状態です。またはとてつもなくおおきなチャレンジをしようとしているか。

もしもあきらめているのであれば何も改善されません。すこしでも自分で解決できる部分なないかと今の仕事に向き合うことが第一歩かと思います。


対象となる「割に合わない」と感じる理由


海外との比較
  • 海外と比べて日本の仕事の満足度は低く日本で働くこと自体割に合わない

日本と海外を比較した、「仕事満足度」や「給料と休みの比較」などの情報が圧倒的に日本は低いため。

まとめ : 「仕事が割にあわない」の解決は自分を見つめることが重要

割に合わない理由というの仕事と給料のバランスが一般的ですが、じつは実は自分の中に原因があ場合も。

割に遭わないと感じる「軸」は人それぞれ
  • その人が入社前に思っていたイメージと違ったため(自分の思っていたイメージと比較)
  • 残業など仕事量の比べて給料がすくないため(自分の働き比較)
  • 自分ばかり仕事が集中して他の人がひまそう(自分と他人との比較)
  • 仕事がきついにの給料がすくないため(他の業界と比較)
  • 求人票の給料よりもすくない(情報が違う)
  • 海外と比べて日本の仕事の満足度は低く日本で働くこと自体割に合わない。(海外と比較)

また対策も転職するればいいだけではなく、

会社に入る前の事前調査や、その業界に進んだ初心を見つめなおすといったことが次のステップの前に必要なプロセスなのではないかと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました