仕事で不満はつきもの。受けられやすい伝え方は?

仕事で不満はつきもの。伝え方で相手に喜ばれる?!何とか解決したい!
仕事で不満はつきもの。伝え方で相手に喜ばれる?!

「はい、申し訳ありません。納期遅れの件でご迷惑おかけしております。」

「すぐに確認をして新しい納期をご連絡させて頂きます。」

あぁ、お客さん怒ってたな。。

でもこの遅れって自分のせいじゃないんだけどな。

まだ開発グループから製品が上がってこないからだせないだけだし、そそろ出荷前のテスト確認かな?でも一体どうなってるんだろう。

進捗を確認するために、電話をしてみたすると。。。

何、まだできてないの?!テストもあるのに、これじゃ大幅な納期遅れだよ。どうしてくれるの?!お客に怒られるのはこっちなんだけど」

「そんなこと言われても、こっちも別のお客さんで手一杯で回らないんだよ。好き勝手言わないでくれ」

この開発のは同期で仲がよかったのにいつもこんな会話で最近はなんだかぎこちない。自分の気持ちがわかってくれるやつだと思ったのに。

仕事を行っていく上で人との協力は色々な場面で出てきます。しかし、なかなか連携がうまくいかず不満んが出てしまう事有りませんか?。

他にも仕事を行っていく上で、仕事の環境や人間関係、面白みなど色々と不満がでてくるものですね。ではこのような不満を解消するための第一歩はその不満を認識してもらうことつまり伝えることになります。

では上手に伝えるためにはどうすればいいのでしょうか。はどうすればいいのでしょうか。

この記事では

  • 不満を伝える事はなぜ重要?言わないと解からないの?
  • 喜ばれる不満の伝え方

具体的な方法を紹介します。

やっぱり満足してないことが多い。

仕事をしていると色々な不満がでてくると思いますが、これは仕方ないのでしょうか。

不満無く楽しく働ければ一番良いのですが、そういうわけにはいかず何かしら不満を抱えてしいます。またある程度の不満はしかないかもしれませんが、不満ばかりでは長い仕事の時間辛くなってしまいます。

ではどのくらいの人が仕事に不満でをもっているのでしょうか。

アンケート結果を見てみると4人に1人は職場に不満を持っているようです。そのなかの一つに上司への不満というものが、2番目に多くありました。

不満をぶつけたことがあるか、とう質問に関しては3人に1人はぶつけたことがあるとの回答でした。この結果をみると不満はあるがその不満を相手に伝えていない場合が半分をこえていることがわかりました。


[不満の状態]

仕事で満足していないひとは4人に1人

また不満得ずに抱えている人が過半数をしめている。


その不満貯めこんでませんか?

一見自分では解決できなそうにみえる不満の原因ですが、それで諦めていませんか?普段の業務でも忙しくさらにギリギリの人員でおこなう仕事の状況からわたしだけではない、他の人もおなじような不満をもっている。

どこにいっても同じ、我慢がたりないのではないか。という考えが出てくる気持ちもわかります。しかしちょっとした工夫でこの不満がへり快適な仕事環境に近づくのであればちょっと挑戦しようとおもいませんか?

声を上げないのは都合の良いようにとられる。

いま定時になりました、さて帰ろうとしたときに、上司や先輩がやってきていまからこの仕事できないかと依頼してきました。今日は帰りに予定があり、できればやりたくありませんがうまく伝えらず、言葉に困ってますが、明らかにやりたくない表情はしています。

そうこうしていると、「じゃあよろしくね!」といって別な部屋に行ってしまいました。

声を上げない典型的な例です。

例えどう見ても嫌そうな態度がとったとしても声を上げないと相手の良いように捉えられてしまいます。

伝えないと相手はわからない。

あなたの不満は相手に伝わっていますか?考えや意見、思っていること声に出してはなしたり、書面で提出したりと意思表示をしないと相手にはつたわりません。 

日本には空気を読むや察するという言葉ありますが、給与のアップなど会社はたとえ従業員が不満があるかもなーと察していたとしても、直接賃上げを要求するほどではないのだから、現状維持にで問題無しと都合の良いように考えます。

不満はしっかりと行動を起さないと相手には伝わりません。

不満を貯めこむ理由

不満を表したつもりでも伝わっていない。

不満は声に出すなど明らかにわかる行動をしないと伝わらない。

不満の伝え方

不満を相手につたえる。そう考えると少し緊張しませんか。それは自分が不満を相手から伝えられると思うと、何となく嫌な気分がしてきます。あいてもそのような嫌な気分になるのではないかと。

しかしそれは伝え方で変わります。十分相手のの立場を考えて配慮した上で伝えると相手も嫌な気分をせずむしろ伝えてくれることであなたの考えが理解できて、話してくれたことについて喜んでくれます。

なぜ喜ばれるか、それは何も言わずに不満を貯めて最悪辞められたり体調を壊してしまうとう最悪な常用を防げるからです。

ではどのように伝えればよいのでしょうか。

一度に伝えるのはひとつ

仕事という環境上あまり時間がとれずしかも一度に色々な要求や話をすると話がブレていってしまいます。またいくつも不満を出すとどれが重要なのかわからずいろいろ言われただけで終わってしまいかねません。一つに絞ることで取り掛かってもらる可能性が高くなります。

相手の立場も考える。

冒頭の話では同僚に自分が置かれている不満をつたえましたがまた相手も同じく手一杯で仕事が依頼者の仕事にすぐ取り掛かれない状況でした。

このような場合は相手も手一杯の状況を考えて配慮する言葉が必要です。

例えば

あなたも忙しく手一杯なんだね、でもこちらも納期遅れてこまっている。どうすれば改善できるか一緒に考えてもらえないか。

といえば相手も一方的に責められている気がしません。また担当どうして話して解決が見えない場合があるので二人で協力して各々の上司に説明するなど、良い打開策がみえてきます。

タイミングを考える。

伝えるときはタイミングも大切です。帰宅寸前に依頼された仕事これはすぐに対応してしっかりと伝えなかったために押し付けられてしまいました。しかし、相手がとても忙しく余裕のない状況で言われても聞くことができずさらにそのような状況で伝えたことで反感を買う場合もあります。またあまりにも時間が経過してからいうと昔のことを蒸し返して、などどと思われたりして伝わりづらくなります。

まとめ : 不満は貯めこまずに伝えて改善していこう

仕事で不満はでてきてしまうものですが、貯めこむ必要はありません、正しいく相手に反感をかわないほうほうでつたえて、うまく改善していきたいものです。しかしなかなか相手に伝わらないこ事があります。

  • 原因:不満を表したつもりでも伝わっていないからです。
  • 対策:しっかりと行動を起こして意思表示をしてます、また相手の立場と伝える時を考える。また一度に一つにするとあいても取り組みやすいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました